自動車査定をギュっと考えてみる

2012/12/12

自動車査定は、車検のように堅苦しく法律で定められたものではないのです。
一般の財団法人である日本自動車査定協会という機関が経済産業省、国土交通省の指導の下で、中立で公正な第三者機関として中古自動車査定制度の普及と定着を進めているということなのです。
現在、自動車査定は車買取業者によってなされるものが主流ですが、純粋で適正な自動車査定というものを行うのがこの機関の特徴で役割と言えるでしょう。

一般的な自動車査定は査定する人によって評価が違ったりするのです。
資産として適正な価値を見出したいという場合などは、資格を持つ査定士に依頼するのが賢明です。

昨今、ネットの普及で車の売り買いは盛んに行われるようになりました。
そこには様々なトラブルや事故がつきものとなってしまいます。
適正な自動車査定を行うことは、売る側にも買う側にも必要な事態なのです。
車社会が当たり前の今の時代は、縛りを与えなければ無法地帯へと進む可能性が無いとも言えません。
車は危険度の高い乗り物です。
人の命にも関わる重大な事なのです。

公正な価格は車の機能の査定を行う事により実現されるものです。
自動車査定を健全に行うことで、防ぐことのできるトラブルや事故があると思うのです。
自動車のこれからの益々の発展や、普及には、資格を持った査定士による自動車査定が必須の時代はもうそこまで来ています。
自由であることにリスクはつきものであるという意味を改めて考えさせられます。
車査定の前準備

車買取価格を決める要素

2012/11/28

車買取価格を決める要素には、走行距離、経過年数、ボディの傷、室内の汚れや臭い、エンジンの調子、エアコンや、オーディオの調子、事故歴の有無、付属品や純正品の有無、取扱い説明書や整備記録、保証書の有無や汚れ、車種の人気度、時期などの需要具合、などがあります。
中古車の基本価格から、このような車それぞれの要素を差し引き、車買取価格が決定するわけです

ここで注目は、車の備品も評価対象であることです。
車を購入した際に付属した取扱い説明書類も丁寧に扱うことで、車買取価格の評価に反映されるのです。
ぜひ大切に保管したいものです。

他にも整備記録もこれまで大切に乗ってきた証ですので、アピールポイントとなります。
また、車に詳しくないという方でも、室内の汚れや臭いは対策が取れます。
掃除機をかけ、よく触れる部分をきれいにしましょう。
そして車についた臭いは消臭スプレーなどで除去しましょう。

また注目したいのは、売却の時期です。
一般的には免許取得者が増加する春先に車の需要が増えることが予想されるため、高めの価格が期待できます。
また、四駆の場合は、冬人気が出ることが多いのも特徴です。

また車買取業者によって、外車が得意であったりと、専門的に集めたい中古車であれば、業者により価格が変わってきます。
しかし、人気車であっても、市場に出回る数が多いと、価格の伸びは期待できません。
タイミングを待つばかりに、車検が来てしまっては、損してしまうでしょうから、売却を決めたら、自分なりの期限を決めて、愛車の車買取価格に納得したら、即決することです。
中古車 査定相場

車の買取りの流れ

2012/11/23

車の買取りの流れについて説明します。
まずはじめに知っておいてほしいことは、買取りと下取りの違いについてです。

買取りとは車を買取るだけのことで、新しく車を買うところではないお店や業者で現在乗っている車を売却するのであれば、それは買取りになります。
反対に、車下取りとは、新しく車を買うお店や業者に現在乗っている車を売却することをいいます。
売る側としては、車を現金化することを考えても、次の欲しい車の頭金にすることを考えても少しでも高く買取ってくれるところを探すでしょう。
そのためにも、さまざまなお店や業者に見積もりをとってもらい、査定をしてもらいます。
この投稿の続きを読む »

特約で選ぶおすすめの自動車保険

2012/11/08

おすすめできる自動車保険を特約に注目して解説します。
自動車保険の特約とは主契約になる対人賠償保険や対物賠償保険、そして車両保険などのオプションとして特定の部分だけを更に手厚く保障するという補佐的な契約内容です。
あくまでも補佐的なもので、特約だけの契約はできません。
また、既に加入済みの主契約を解約し特約だけを残すこともできません。
この投稿の続きを読む »

何よりも対応の良いところが、おすすめの自動車保険です。

2012/11/06

これだけ車社会になると当然、事故に合う確率も高くなります。
どんなに自分が注意していても絶対に事故を起こさないとは言い切れません。

そんな時に頼りになるのが自動車保険です。
保険に入っていると言うだけで安心を得られますし、事故に直面して動揺していても頼れる所があるのは大きいと思います。
事故に合う機会はそう何度もないでしょうし、できれば合いたくありません。
しかし、事故に見舞われた際は、事故のエキスパートに頼るのが一番です。
冷静な判断や対応に困っても保険会社の指示を仰げば、後々問題になる事もないと思います。
とは言え、車社会の現在、自動車保険も様々存在します。
おすすめの自動車保険の選び方
この投稿の続きを読む »

自動車保険の選び方は簡単だと思います。

2012/11/03

自動車保険の選び方はどのようにしたらよいのでしょうか。
少し考えてみましたが、それほど難しくはないと思います。

簡単な自動車保険の選び方として言えるのは、要は自分にとって何の保障が必要なのかを見直してみるということです。
保障の内容を確認せずに保険会社から進められた内容で加入していませんか。
とりあえず、なんでもついていればいいかなという考えだけで加入していませんか。
実は私の自動車保険への加入の仕方がそうだったので反省しているところです。
この投稿の続きを読む »

免許をとりたての人にお勧めする自動車保険の選び方

2012/10/26

私は自動車運転免許を取得したばかりの新米ドライバーです。
私の家では、私以外に免許を取得している人がいないので、
自動車保険を選ぶ時にはアドバイスをくれる人が周りにいなくて苦労しました。
私と同じような身近に先輩ドライバーがいない場合は、
自動車保険の選び方に悩む人が多いのではないかと思います。

そういった時には、無理に自分で選ぶのではなく代理店に相談をして、
自動車保険の選び方のアドバイスをもらうのが一番安全で、
もしも事故を起こしてしまったときにも補償をしてもらえないということが少ないのではないかと思います。

私は代理店に自動車保険についてたくさん相談させてもらってから保険を決めたので、
保険の内容を理解できていると思います。
ベテランドライバーでも自動車保険の知識がない人は、
代理店に自動車保険の選び方を相談しながら決めるといいのではないかと思います。

ダイレクト型の保険よりも相談できるというのが代理店を通して保険を結ぶメリットだと私は考えています。